超高齢化社会の到来と潜在看護師

65歳以上の高齢者が全人口の四分の一となった日本では、仕事に携わる人口も史上最低となり超高齢化社会の問題はいよいよ深刻さの度合いを増して来ました。高齢者の増大は病院の外来や病棟が高齢者で溢れかえる返ることであり、必然的に多くの看護師が必要となって来ます。日本の医療保険制度は高齢者に手厚くできており、自己負担は少なくて済みます。しかし、それらを支えているのは若い現役世代です。昨今の報道を見るまでもなく、このままでは日本の現在や将来を担う世代に医療や年金など満足な社会保険制度を提供するのは困難な状態です。また、超高齢化社会の到来にも関わらず、看護師の人材不足はなかなか改善される気配がありません。全国の大学付属病院では毎年大量の看護師を採用して、充実した研修教育を図り実践の場へ送り出していますが、まだまだ解決には至っていません。
また、看護師免許を取得しながら看護業務に就いていない潜在看護師の掘り起こしも大切なことだと思います。豊富な実務経験を持ちながら離職したままになっている看護師は、新人の看護師よりも実力を持っています。第一線で活躍していても、一旦現場を離れてしまうと現場へ復帰することに及び腰になる例が多いようです。
参考URL⇒⇒⇒潜在看護師の復職葛藤記
医療技術は日進月歩で進んでおり、それに伴って看護業務も高度化して行きます。復職して果たして新しい技術についていけるのか、迅速な対応が可能なのかなど、悩みは絶えません。しかし、長期間のブランクを抱えた看護師への研修も行なわれていますので、まずは病院に応募して再スタートを切る勇気から始めて見ることが必要でしょう。そして、あらゆる角度から高齢化社会への対応を急ぐことが不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です