周りの協力が必須

女性が結婚するまでの間は、どんなに残業で仕事からの帰りが遅くなろうが、特に何も問題になることはありません。実家暮らしの女性であれば、親が夕飯の準備も掃除も洗濯もしてくれるので、ますます仕事に没頭することができます。休みの日には自分のために自分の好きなことに没頭することもできます。独身女性の場合は、家事においてはすべてが自分でしていかなくてはいけませんが、食べる、ということについてはコンビニで済ますことも、面倒なら外食するという手があります。自炊は気の向いたときにすればいいわけです。しかし、結婚してしまうとそういうわけにはいかなくなります。子供がいなくても、旦那さんのために家事をこなしていかなくてはいけません。お互いに仕事をしているという点で、できることを手伝って進んでしてくれる旦那さんならそれに越したことはありません。子供ができると、またまたしなくてはいけないことが増えます。子供が産まれたとたんに、育児という女性の仕事が一つ増えるからです。女性が子供を持っていても、仕事を続けていける環境を周りの家族が協力して作っていってくれなくては、仕事と家事と育児をこなしていくことは相当難しいと思います。小さな子供がいても、しっかりと今までと同じように復職している女性が私の周りにもいますが、家族の協力があってこそなのだろうなと、いい旦那さんと結婚したんだなとしみじみ思います。私は、結婚して子供が産まれたら仕事を続けていく気持ちがないので、家事と育児に専念しようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です